【コミュ障の治し方】”絶対”外せない7つのステップ

こんにちは、コミュスタ編集長の永田です。

   

この記事では、自分の経験をふまえて、コミュ障を克服するために

「絶対に外せないステップ」

について書いています。

   

…正直にいえば、コミュニケーションなので「7ステップ」は無茶があります 苦笑

細かいことを書きだすと、ポイントは山のようにあるはずです。 

     

しかし、「全体像を知ること」はすごく重要なので、具体的に落とし込んでみました。

    

経験からザックリ言うと、コミュ障を治すには、

「マインド」を変えて、
「会話技術」を身につけて、
「人間関係」をつくる

になると思っています。

   

【補足】マインドセット
物事の「見方」・「考え方」。行動や判断の基準になるもの。

    

なので、これを7つのステップにしてみました。

   

  • ステップ1:挨拶をする(マインド)
  • ステップ2:役に立って感謝される(マインド)
  • ステップ3:リアクションをとる(会話技術)
  • ステップ4:自分から聞く(会話技術)
  • ステップ5:自分の話をする(会話技術)
  • ステップ6:会話テクニックを一個ずつ身につける(会話技術)
  • ステップ7:新しい人間関係をつくる(人間関係)

   

ステップ1・2はマインドで、いろいろあるのですが、自分の経験から最重要かつ効果的なものを選びました。

ぼくは、このステップがちゃんんとできるようになったら、コミュニケーションがほんとうに楽になりました

   

ステップ3〜5は会話の基礎部分で、できていないと、テクニック以前に会話が成立しなくなります。

また、この3つだけでもちゃんとできれば、「最低限の会話」ができるはずです。

   

ステップ6はそのままですが、「できそうなところからやる」は何かを身につける基本だと思います。

ぼくもでしたが、新しいテクニックに目移りしてしまい、気づいたら「1個も身についていなかった」ということはよくあります。

「ちゃんと1個ずつやればよかった」と反省しています。

   

ステップ7は、「コミュ障克服のゴール」といえるものです。

人間関係が自分の力でつくれれば、話し相手にも困らないし、会話経験も増えて”好循環”に入れます。

6までは話し相手に困っている状態ですが、7までいくと、コミュ力が一気に向上する状態に入れます。

(必ずしもステップ通りではなく、行きつ戻りつします)

    

それでは、以下で各ステップの説明をします。

興味があったら読んでみてください!

   

ステップ1:挨拶をする

   

コミュニケーションがうまい人は

「気持ちの良い挨拶」

ができます。

そうすると、そのあとの会話が簡単になるのです。

    

そして、挨拶の意識がないと、いざ誰かと顔を合わせた時に咄嗟に挨拶ができない

ぼくもコミュ障で悩んでいたころは挨拶がとても苦手でした。

   

そして、困ったことにマイルールとして、

「相手が挨拶したら挨拶しよう」

となっていました。

これは”無意識”にそうなっていたのです。

    

こうなると、挨拶してくれる人が限られ人間関係が狭くなってしまします。

まずは自分から挨拶できるようになりましょう!

    

参考記事『コミュニケーションが苦手ならふり返りたい3つの”基本”』
(挨拶などの基本が書かれています)

   

ステップ2:役に立って感謝される

   

ぼくがこれまで関わった”コミュ強”たちは、

「相手のために」

が当たり前になっていました。

    

それは簡単に言えば、相手を喜ばそうとしたり、楽しませようとするです。

これがナチュラルにできていました。

   

逆に、コミュ障は緊張したり、どう振る舞えばいいかばかり考えています。

これは、悪気はないのですが、自分のことばかり考えている状態

   

それではコミュニケーションがうまくいきません。なぜなら、

コミュニケーションは「何かをしてあげる」と「何かをしてもらう」ことの”循環”

だからです。

(「自分から」と「相手から」の循環、という意味)

    

そして、自分から何かをしないと、その循環が始まりません。たとえば、

  • 挨拶しないと挨拶してもらえない
  • 自分の話をしないと、相手も話をしてくれない

    

なので、かんたんことでいいので「相手に感謝されること」をしてみましょう。

  • 挨拶する
  • 運転中に道を譲る
  • ドアを開けてあげる

などからはじめてみましょう。

   

きっと、相手から”いい反応”がもらえるはずです。

(必ずしも感謝が返ってこないので、期待しないでやるマインドが必要です)

    

ステップ3:リアクションをとる

   

ぼくもそうでしたが、例えば「無表情」だとほんとうに喋りにくい。

研究室の学生さんで何人かそういう人がいましたが、

「これほど話しにくいものなのか?!」

と思いました。

   

無表情だと、もちろん、その他のリアクションもうすいです。

「どう思っているのか分からない」

のは予想以上に不快だと改めて実感しました。

相手が学生さんとわかっていても、話す気力がだんだん冷えてきます 苦笑

    

逆に、自分がいいリアクションをしたら、相手も“いい反応”を返してくれます。

そうするとまた、自分も話しやすくなります。

ここでも”いい循環“が生まれるのです。

    

【補足】
リアクションを大きくするには、「声を大きくする」「表情をつける」「身振りを大きくする」「相槌を大きくする」などがポイントです。

    

ステップ4:自分から聞く

    

「聞く」は重要ですが、身につけるのは簡単ではありません

ポイントはいろいろですが、まずは

「自分から聞く」

が大事だと思います。

    

とくに、緊張する場面や相手だと、テクニックを使うのは難しいです。

「まずこうして、次にああして」と考えながらやると、タイミングが遅くなります

また、ぎこちない感じもでます。

    

それよりまずはシンプルに、「自分から聞いてみる」ことです。

かんたんで、実践しやすいと思います。

    

参考記事『コミュ障でもできる!話が盛りあがる相槌の打ち方を徹底解説』

   

ステップ5:自分の話をする

    

例えば、初対面は質問よりも「自分の話をする」ほうが自然です。

というか、「最優先事項」といっても過言ではない。

   

なぜなら、相手は

「目の前の人がどういう人か知りたい」

と思っているからです。

   

これと同じように、普段でも「自分の話」は大事になってきます。

    

自分のことを話さないと、相手は

「この人よくわからないな」
「この話面白くないのかな?」
「もしかして怒ってる?」

と思い始めるからです。

これは完全に誤解なのですが 苦笑

    

でも、話す人からすると、自分の話をしないのは「よく分からない」になるようです。

(ぼくも口数が少ない人にこう感じるようになりました)

なので、「質問したら、次は自分の話をする」くらいのバランスだと思います。

   

【補足】
ちなみに、初対面からお互いのことがわかってきたら、自己開示の量をさげていきます。(キャラや相手との関係によりますが)相手の話と自分の話を半々くらいがベストです。

   

ステップ6:会話テクニックを1個ずつ身につける

    

ステップ3〜5がちゃんとできるようになると「最低限の会話」になります。

そうすると、かなり楽になります。

    

そうした状態をつくった上で、さらにテクニックを追求するのが効率的です。

というのも、「会話相手」が必要だからです。

会話をしながらでないと会話力は身につかない…

    

なので、会話をしながら、いろいろとテクニックを使ってみます。

(相手にバレないようにやることは言うまでもないですが苦笑)

    

そして、テクニックは「1個ずつ」でないと定着が難しいです。

   

ぼくも陥っていた”罠“ですが、欲張ってしまいます。

あれもこれも身につけようと。

「身につくまで我慢」することが、実は、1番のポイントかもしれません。

   

参考記事『コミュ障克服の3つの壁!努力が報われない本当の理由とは?』

    

ステップ7:新しい人間関係をつくる

    

「コミュ障を克服できた」というのは、ぶっちゃけ”自己評価”だと思っています。

「気づいたら苦手意識がなくなっていた」

というのが本当の実感です。

    

でも、そう思えるための根拠として、

「新しい人間関係がつくれる」

があると思います。

    

「関係がつくれる自信」があれば、例えば、初対面もそれほど怖くない。

なぜなら、「自分は人間関係がつくれる」と思えているからです。

(もちろん、”縁“しだいですが…過度な緊張はないはずです)

    

こういう感じで「対人恐怖」がなくなっています。

そして、こうなれば「コミュ障は克服できた」といえるでしょう!

    

参考記事『大学でぼっちになってしまいました。どうすればいい?』(人間関係を新しくつくるときのポイントをまとめました)

    

まとめ

    

以上が、ぼくの経験にもとづくコミュ障克服のステップになります。

必ずしも順番どおりではないですが、こんな感じでコミュ力や会話力がついていくという実感です。

    

そして、コミュ障の悩みとして大きいのは「会話技術」だと思います。

   

ぼくも長い間、「会話さえなんとかなれば」と思っていましたが、最後に必要なことは会話ではありませんでした…

もちろん、会話力は磨く必要はありますが、会話に執着し続けると、“ある段階“で壁にぶつかってしまいます

    

人間関係が進展しないまま、会話だけ頑張っても限界があるからです。

   

説明が難しいですが、一つ一つの会話というより「全体で人間関係を作っているんだ」という意識だと思います。

    

というわけで、コミュ障克服のステップでした。

大変だと思いますが、諦めずに改善を続けてみて下さい!

   

それではありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です